不動産売却では効率的に交渉を行うために専門会社に相談しよう

物件の所有者と購入希望者は直接的に顔を合わせることはありません

不動産の宣伝や広告を代行してもらえた / 物件の所有者と購入希望者は直接的に顔を合わせることはありません / 安心して不動産の取引の相談ができました

私が不動産売却を決めたときに非常に困ったのが、どういった方法で自分が持っている物件を宣伝すればよいのかがわからなかったという点です。
実際に取引を進めていくためには、自分が持っている物件を他の人達に宣伝をして、周知させなくてはいけません。
しかし、そういった情報を提供するときには、専門的な観点から具体的な情報を掲載する必要があります。
この場合、どういった情報を提供しなくてはいけないのかが私にはわからなかったので、このようなことを含めてすべて行ってもらえたのが大きな利点です。
実際に、広告も作ってもらえました。
また、売却を行うときには相手と話し合いを行ってどういった形で手続きを進めるのかなどを考えなくてはいけません。
このような点に関しても、私が頭を悩ませる必要が無くなったというのが大きいです。
基本的に、物件の所有者と購入希望者は直接的に顔を合わせることはありません。

不動産鑑定士になるクエスト

①予備校選び
実はここでめんどくなってやめる方も多いです

②願書出願
これは私みたいな人にはとても大変なんです😓

③短答合格

④論文合格

⑤終了考査

長いお付き合いとなります

よろしくお願いいたします

— LEC不動産鑑定士【公式】 (@LEC_kanteishi) April 3, 2021